BIOPRO社について


米国BIOPRO社の製品により、自分と家族、特に子供の頭を守りましょう。


  電磁波の及ぼす危険性から身体を守る為に開発された製品群を提供して
 いる会社です。
  電磁波への対応方法として、MRET、ERT2つの技術を用いています。
 この2つの技術の相乗効果により、電磁波を無害化して影響を軽減し、
 電磁波をブロックするシールド効果のある波動エネルギーを調整します。


  会社紹介
      2004年、サンディエゴ北部のカールスバッド市にバイオプロ・
     テクノロジー社は誕生しました。
      創業者は栄養補助食品業界で永年企業経営実績のある  
     レイ・グリム会長と、ヨーロッパで医療器具販売会社を起業し
     成功実績があるアルフレッド・ハンサー社長の2人です。
     創業当初から「最新技術で多くの人々の健康増進に
     貢献する」という企業コンセプトで、電磁波防止機器を
     販売し、21世紀の健康増進に貢献してきました。
      販売地域はアメリカを中心に、カナダ・オーストラリア・
     ニュージーランド・南アフリカという英語圏のみへ展開して
     おり、この度、日本市場への進出のために様々な準備
     を開始しました。多様化する21世紀の中で、各国の状況に
     合わせてビジネスを展開する柔軟性の高い経営姿勢です。
     新時代の販売方法を模索し、店舗からインターネット・ショッピ
     ングなどの無店舗まで様々な形態での販売で社会性と収益性
     が高い事業を目指しています。



ジョージカーロ博士

「携帯電話 ーその電磁波は安全か」
              (集英社)



携帯電話により健康被害を受けたとして初めて告訴された米国携帯電話業界は、
1993年、携帯電話は安全であることを証明するための研究に2800万ドルの費用を計上。
そのディレクターとして医師、疫学者、公衆衛生学者、そして弁護士の資格を持つ
ジョージカーロ博士を指名しました。

しかし業界の意思に反してカーロ博士の数年後の結論は、
携帯電話は人体に深刻な影響を与えるというものでした。
彼がこの研究を公にしないように携帯電話業界は、
年間80万ドルづつ一生涯彼に献金すると隠密に打診して来ましたが、
カーロ博士はこれを断り一般に公表。
(彼と近い筋の人から聞いた話しでは生命の危険も感じたということです。)
その一切は「携帯電話 ーその電磁波は安全か(集英社)」に書かれています。

そして1999年、電磁波による健康への悪影響を世界中の人々に知ってもらうことを目的とした
非営利団体SWI「セーフ・ワイヤレス・イニシャチブ」をワシントンDCに設立。
世界最大の利益を上げる巨大な携帯電話業界の最もやっかいな「敵」となっています。
この団体SWIの目的の一つに、電磁波の危険性を多くの人に知ってもらうことを推進している
企業や団体と協力しあい、広く早く世界中の人々に目覚めてもらうこともあります。
バイオプロ社はその一つで、カーロ博士は、
バイオプロ社の製品を「今までのところ、最も効果的な電磁波予防製品」として推薦しています。

※カーロ博士はバイオプロ社の製品を推薦することによる個人的利益を得ていません。

BIOPRO社関連サイト

バイオプロ社

バイオプロ 日本開業準備室

電磁波防止のバイオプロ・テクノロジー製品


inserted by FC2 system